家屋は温かく至る前に食べたい構成のラストスパート中間だ

近頃よっぽど熱くなってきましたね。
寒い間にうまいアツアツのミールは今のうちに食べておきたいものです。

家は鍋ミールといった煮込みミール中心のプログラムが続いております!
因みに今日は鶏大根でした。
断然一回覚ましてテーストも染み込ませました!
大量に作ったので、あすもメインで食べられそうです。
煮物はそういったポイントも助かりますね。

因みに日曜日は時間にも余裕があるので、鍋を通してじっとシメまでやる腹積もりだ。
水炊きなら雑炊。
秘める鍋ならちゃんぽん。
すきやきならうどん玉でしょうか。
折角鍋をするならシメまでしたいですよね。

考えるだけでも楽しくなってしまう。

白菜、大根、キャベツにかぶなどの冬場野菜もできるだけ残したいポイント。
ひとときの野菜はおいしいだけじゃなくて栄養素価も高いし、なにより短いのは女子の相棒だ(笑)
もほんと、鍋や煮込みに向いてるものが多いなぁ。

彼にも今のうちに食べておきたいものを聞いたところ、
グラタンかドリア、クリームシチューが良いとのこと。

という要請を聞いて、
和食ばかり作ってたことに気が付きました。
洗いざらい頭から飛んでました…。
彼、すまんよ…

そうですよね、これも冬のプログラムですよね。

来週からはバランスよく作らないと!
みなさんも冬場コースのミールで、最後の寒さを乗り切ってくださいねー!http://xn--id-s73a9e6gpf5c3olgxdd4473gm2hfj1ap5wr4mvwplj9e.com/

時節が見れるうれしいホビー、家庭菜園をはじめました

子が幼稚園へ行くようになり、自分のスパンが持てるようになったので、住まい菜園を始めました。
元々は亡くなった義父がしていた近辺だったのですが、亡くなってから放置されてありもったいないなと見なし譲り受けました。
最初は何をすればいいのか分からず、読み物を読んだりインターネットで調べたりホームセンターへ通ったりしていました。
次第におんなじ菜園内に友だちが出来て”師匠”という呼び込めるクライアントに出逢いました。その方は何でも教えてもらえる。
菜園は陽気や温度が本当にいのちで、植える間、肥料の間等がずいぶんむずかしいのですが、師匠は1つ1つ丁寧に教えてくれていらっしゃる。
先々、お互いの子を妊娠・お産したのですが、その時も休むヒマ無くこちらは大きな胃腸で畑を耕したり、ちっちゃな子を背負って草むしりをしました。
そういう着こなしに師匠は私の全身全霊を感じ取ってくれたようで、家族ほど生まれが違うクライアントですが絶えずこちらを同僚だと大事にしてくれていらっしゃる。
また子供達と共に畑を耕したり(子供たちは壌土試合ですが)、一緒に苗を植え、種をまく事で食育に繋がってあり、拒否だったものが食べられるようになりました。
未だ負けも数多く買った方が安くつく事が多いですが、続けていきたい好みだ。http://xn--eckvde4c5e.sakura.ne.jp/